2006年11月01日

電子工学科 卒研公開

P1010614.JPG
まず、タイトルは卒研公開になっていますが… 
電子工学科の研究室、企画いろいろまとめて紹介の記事です。
 
場所、詳細な時間は当日受付で配られている卒研、学科企画パンフレットをお読みください。
 
特別教室! 
 

電子工学特別教室 (第3棟4階3427号室)
この部屋では、電子工学科の今年度の授業や実験で学生が作った電子機器を展示します。
卒研の準備段階に位置づけられる内容です。
3年 デジタル回路・コンピュータ工学授業の課題で学生が作った回路を集めて電子オルガンを作ります。クラス全員の回路が動かないと動きません。責任重大!
4年 プロジェクト演習PICマイコンを使った自由課題の作品展示。(面白いものは小池・阿津研のキットに仲間入り)
5年 電子工学実験W課題:「予算5000円以内でデジアナ混在の面白い電子機器を製作せよ!」の代表作品展示。
 

研究室紹介! 
 

大塚研究室 (第3棟4階3427号室)
研究テーマ
「指紋画像からの特徴抽出」

LSIレイアウト設計で使われる理論を応用して指紋の特徴点を抽出します。
 

一戸研究室
 第3棟1階、材料・プロセス実験室
 電子工学で用いられる材料の発展に重要な薄膜作成や分析に関する研究室です。皆さんが聞いたことがありそうな言葉で言うなら「ナノテク」関係です。
 くぬぎだ祭では、研究に用いられる真空装置や電子顕微鏡などが公開されると思います。一般の人の目に触れることがない超微細な世界が待っています。

 

大塚研究室
 第3棟4階、情報系実験室
 指紋画像の特徴点抽出などの研究を行っています。過去には集積回路の設計製作などの研究もあります。
 大塚先生はシスコ・システムズ認定ネットワーク技術者資格CCNAやマイクロソフト認定資格MCAプラットホームのトレーナーの資格を持っています。
 じつは「ネットワークの資格をとるなら電子工学科」なのです。くぬぎだ祭で公開する情報系実験室は、こうした資格のオンライン試験を受けることができる特別認定された部屋です。

 

小池・阿津研究室
 第3棟2階、回路系実験室
 卒研は電子回路系ものづくりをベースにしたセンサシステムや通信システムの開発がメインです。またこの研究室では電子回路によるものづくりをベースに研究を行っています。

くぬぎだ祭ではその成果を「電子工作キット販売」+「電子工作教室」という形で実践に結びつけています。電子工作キットを販売し、その場で製作指導いたします。このキットは学生が設計し、材料費も学生たちで負担しています。売れなければ自己責任という厳しいルールで頑張っています。是非のぞいてみてください。

一昨年は@niftyデイリーポータルZで紹介されました。
★2004年11月5日付けコネタ238「携帯電子ゲームを手作りで」
http://portal.nifty.com/koneta04/11/05/01/

ここは教材用に「傘ラジオ」を考案した研究室です
色々なところで紹介されました
日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!」:2005.10.30
TBSラジオ・土曜ワイドラジオTOKYO
@niftyデイリーポータルZ
国立科学博物館夏休みサイエンススクエア

 
 
さあ当日は卒研パンフレットをもって駆け巡ろう!!
 
文責&写真@広報部門長 
posted by 広報部門長 at 00:47| 広報部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。